モノが売れないのは、人にフォーカスしないから!中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

昨年の11月にイラン人のソルト・アミール(通称トニー)が
飲食店を開業、場所は藤沢本町駅からすぐの白旗交差点の角です。

img_2033

彼は今から30年近く前に来日し、
狭いタコ部屋のようなところに宿泊して
電機メーカーの下請けで働いていました。

その後、ケバブの移動販売などを行い、
私たちが実施する朝市にもよく出店してくれました。
その彼が今回、店を持ったのです。

ケバブを中心にしたメニューで
テイクアウトもやっています。

ケバブの海苔巻きのような
独自に開発したメニューもあります。

彼の隣にいるのは
パートで働いているカンボジア人
国際色豊かな彼の店
一度行ってみてはいかがでしょうか。

さて、今回のテーマは
「モノが売れないのは、人にフォーカスしないから!」です。

このままではネット通販にやられてしまうのか?

クリック一つでほとんどのモノを注文でき
しかも、自宅まで届けてくれるネット通販

商店街に行って店主と話すと、
かつては大型店に客を取られているという声が良く聞かれましたが
今は、ネット通販にやられているという声が多くなっています。

このままではネット通販によって
商店街の店は淘汰されてしまうのでしょうか?
単に商品だけにフォーカスしていたら、やられてしまうでしょう。

客という人にフォーカスする!

商品というハードを販売するのではなく、
客という人にフォーカスするのです。

最初に考えるのは
やはり、その商品の良さは何かということです。
通常は、その良さをダイレクトに訴えてしまいます。

そうではなく、その良さは
誰のどんな悩みを解決するのか?
それによって、その人が得られるものは何か?

というように人にフォーカスし
商品によって、その人がどんな
体験ができるのかを考えるのです。

考えたことをPOPにして
店頭や店内で情報発信していくのです。

店主という人にフォーカスする!

客という人にフォーカスするだけでなく、
店主という人にフォーカスして
コミュニケーションしていくことも必要です。

例えば、「kiso bar」というビルの2階にある飲食店
この目立ちにくい店が西麻布の新名所になっているそうです。

1階の入口に、こんな黒板POPを設置してあります。

昨日は六本木のケバブ屋のスタッフの方がいらっしゃいました。
新しい出会いに感謝!!
オープンして1ヶ月!!
木曽信介(38)神戸出身です。
お気軽にどうぞ!!

この黒板POPは、店主という人にフォーカスし
ビルの前を通る人とのコミュニケーションツールとして使われているのです。

自分の出身地や趣味
好きな食べものや好きな場所
家族や従業員のこと

最近読んで面白かった本
どんな気持ちで商売をしているかなど
店主の“人となりや考え方”を伝えていくのです。

今、私はある商店街の各店の
ニュースレターを作成しています。
店主を前面に出した内容にしています。

こうすることによって、
それを見た人は親近感を持ちます。
そこから人間関係づくりが進んでいきます。

信頼できる人間関係ができると
ネット通販も入り込めません。

あの人が薦めるモノならばと、
それだけでモノが売れてしまうのです。

このように、
客という人、店主という人にフォーカスし
それを店頭や店内のPOP
ニュースレター、Facebookで情報発信していきます。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                      大場 保男

        〒252-0226 神奈川県相模原市中央区陽光台2-12-8
                                  E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp Tel.090-5521-7427