高校生考案の味、店頭に!

中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

今回のテーマは
「高校生考案の味、店頭に!」です。
コンビニが各地の高校生と組み
開発した「ご当地メニュー」が相次いで発売されています。





























ファミリーマートは
農林水産省などが主催する料理コンテスト
の入賞高校のレシピを生かした商品を発売しました。

料理コンテストで優勝したのは
和歌山県立神島高校の生徒が考案した
「紀州産カリカリ梅のタルタルチキンバーバー」
これは全国で発売されています。

各地の選抜大会の優勝校の
レシピを生かしたラーメンなど7種類の商品も
それぞれの地域限定で発売されています。

ローソンとミニストップでも
宮城県の高校生と開発した弁当を売出しました。

かなり前になりますが
横須賀の商店街で関東学院大学の
学生たちに商品開発の提案をしてもらったことがあります。

提案してもらった商品が
全部良かったわけではありません。

なかには、「ちょっと…」と首を
ひねるようなものもありましたが、
学生らしい斬新な切り口で考えられた商品もありました。
高校生や大学生と商品開発しても
必ずしも売れるような物が提案されるとは限りません。
単なる彼らの思い付きの提案に終わってしまうこともあります。
この場合、3つのやり方があります。

一つ目は、商店主と学生が
何度も意見交換し、商品開発のプロセスを
互いに共有し、学生のアイデアや発想と
商店主の経験をうまく活かしていくやり方です。

二つ目は、学生に
完全に任せてしまうやり方です。
ただし、事前にターゲットや使用する材料の
原価を決めてから任せることが求められます。

提案してもらっても
1回で満足できる商品が提案されるとは限りません。
不満な場合は、何度もダメ出しをして再提案してもらいます。

三つ目はコンテスト方式です。
何人かの学生にメニューを応募してもらって

何人かで味見して良いものを
選んでいきます。

さらに、良いものを3点ほど選び出し、
それを一定の期間販売して
売上げの良かったものをグランプリにする方法も考えられます。

以前、商店街のある惣菜店で
学生ではなく、地域のお母さん方から
メニューを提案してもらい、

その中からコンテスト方式で
商品化していくメニューを決めていく
ということをやろうとしましたが
結局は実現できませんでした。

どこか、この話に乗って来る商店街や
お店はないでしょうかねぇ~。

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。


【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                       大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp Tel.090-5521-7427