“街かどマルシェ”には色々な可能性が! 

こんにちは

中小企業診断士の大場保男です。

 

私は平成4年から今に至るまで

27年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

 

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、

教えてもらったり、学んだことを

 

商店街や地域の活性化に少しでも

お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

 

今回のテーマは

「“街かどマルシェ”には色々な可能性が!」です

 

以前は、毎月のように神奈川県内各地で朝市をやってきた私ですが

コロナの影響で、昨年の1月に実施して以来ずっと出来ない状態。

 

昨日(4月3日)は、本当に久し振りの朝市

といっても、無農薬野菜、三崎の海産物、

相模原のタマゴ街道の鶏卵の3店のみの出店者でした。

 

場所は、この日にオープンした

自販機専門ショップの前の小さなスペースです。

今まで私たちが実施してきた朝市は最大で120店が出店

通常でも40~50店が出店する規模でやってきました。

 

このような朝市は、シャッター通りと言われるような

寂れた商店街に多くの人を呼び戻すために実施してきました。

 

1回実施すると数千人単位の来場者があり、

何度も新聞やテレビにも取り上げられてきました。

 

今回実施した朝市は、規模が全く違います。

商店街そのものに人を呼び戻すのではなく

新規開店した店を地域の人たちに知ってもらうための朝市です。

 

昨年1月にも同じような目的で実施しました。

出来てから間のないデイサービスをもっと地域の方に知って欲しい。

そのために、デイサービスの前庭に8店に出店してもらって実施しました。

 

店を知ってもらう、来店促進を図る

店の前に小さなスペースがあれば

そこで朝市を実施すれば効果を上げることができます。

 

もう少しスペースがあれば

テーブルや椅子を置いて、地域の人たちが

交流できる場所にすることが出来ます。

ただし、このようなやり方はコロナが収まってからになりますが…。

 

店の前や街かどの小さなスペースで実施する朝市

私はこれを“街かどマルシェ”と呼んでいます。

 

朝しかやっていないという印象を避けるために

“マルシェ”という言葉を使うようにしました。

 

小規模な朝市は、近くに買物場所がなくて

日常の買物に不便な地域の買物難民対策にもなります。

 

団地や住宅街の空地に野菜や総菜、生活必需品を販売する

7~8軒の出店者による臨時の商店街です。

私はこれを“出張商店街”と呼んでいます。

 

コロナが収束したら

思い切って大規模な朝市をやりたいなと思う反面、

コロナに関係なく小規模な“街かどマルシェ”や“出張商店街”を

もっともっとやっていきたいなと思っています。

 

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

【発行者】

経済産業大臣登録中小企業診断士

大場 保男

E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp   Tel.090-5521-7427