息子の店の味が濃いと感じた母親はどうしたか?


 

こんにちは
中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

小田原城の藤棚の花が咲きました。
大正天皇がこの藤をご覧になって感激されたので
「御感の藤」と言われているそうです。

樹齢は約200年と推定されている古木
5月中旬~下旬が見頃だそうで、今はまだ早かったようです。

さて今回のテーマは
「息子の店の味が濃いと感じた母親はどうしたか?」です。

息子の店の味が濃いと感じた母親

日経流通新聞に載っていた話です。
最近、息子さんが開業した居酒屋に友人と行った母親

たくさんのつまみを頼んだが
そのどれもが彼女には「しょっぱく」感じます。

同年代の60代以上の仲間たちは
よく居酒屋で会食しますが、薄味の店には
何度も通うという話をよく聞いていました。

「全体的に薄味にして
卓上に塩や醤油を置いたらいいのに」と思いましたが
それを息子に言うか言うまいか迷いました。

愛する息子の店、意を決し
「ごめんね」と前置きして、このことを伝えました。

「おふくろ、教えてくれてありがとう」
息子さんはその言葉を真摯に受け止め
いくつかを口にして、塩加減を調整する必要性を感じました。

「わかった!ありがとうね」と
笑顔になったという息子さんの話です。

店に不満があっても、
お客さまがそれを教えてくれるとは限りません。
黙って、その店には足を運ばなくなります。

もし、思い切って教えてくれるとしたら
それはその店に対する期待値が高い証拠ですね。

ある焼肉店の開業時は閑古鳥、なぜ?

よく名の知られた焼肉店の話です。
開業の特別サービスを大々的にチラシで宣伝して
いざ、開店したところお客様が殺到して大混乱

スタッフがまだ慣れていないところに
お客様が殺到、混乱するのも無理はありませんね。

この悪評が広まったせいか
次の日からは、閑古鳥が鳴いている状態に。

そこで考えたのが、お客様から不満の声を聞くこと
レジで不満な点を教えていただくようお願いしました。

指摘してもらった不満な点を一つずつ改善していき
今では、お客様に支持される繁盛店になりました。

北欧のあるスーパーでは
不満の声を聞かせてくれたお客様には
ポイントをサービスするという話も聞いたことがあります。

私の店の良かった点を教えてください!

お客様の不満の声を聞いて
店を改善していく、これ重要なことですが
逆に、お客様から良い点を聞いて活かしている店もあります。

何年か前に取材に行った宮崎県小林市の飲食店
その店では「私たちのお店の良かった点がありましたら
教えていただけますか?」という紙をテーブルに置いてありました。

不満な点ではなく良いと思った点があったら
書いてくださいというお願い
2割程度のお客様が書いてくれるそうです。

これをどう活用しているか?
翌朝の朝礼時に、従業員の前でこれを読み上げます。
すると、嬉しくて泣き出す従業員もいるほど、みんな喜びます。

朝からお客様からのお褒めの言葉を聞いた従業員
もっと喜んでもらおうと、一生懸命になります。

こんなお店が繁盛しないわけはありません。
繁盛店だったからこそ、依頼を受けて私が取材に行ったのですから。

不満の声、お店を褒める声、どちらを集めればいいのか?

どちらを集めるかは、目的によって変わると思います。
商品やメニュー、サービスの改善に役立てようとしたら
不満の声を積極的に収集することが必要ですね。

従業員のやる気や士気を高めるためとか
チラシやホームページなどで自店をPRする場合には
自店の良い点を集めて活用することが必要でしょう。

葉山朝市代表の柳さんから、こんな話を聞いたことがあります。
朝市が上手く行かなかった時には反省会をやらない、
反省会は上手くいった時にしかやらない。

上手くいかなかった時に出る意見は、後ろ向きのロクな意見しか出ない
上手くいったときこそ、前向きで建設的な意見が出るというのです。
言われてみれば、そうだなぁ~と思いました。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】経済産業大臣登録中小企業診断士       大場保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

お花見に商売繁盛のヒントがあった!


 

こんにちは
中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

小田急江ノ島線の大和駅
その隣の桜ヶ丘駅東口の銀座通り
“銀座通り”という名のように昔は賑わっていました。

最近は、人があまり通らない寂しい通りになってしまった
ここで朝市をやって、かつての賑わいを取り戻そうと
大和商工会議所桜ヶ丘支部の人たちと企画を練りました。

実施日時は5月27日(日)の
午前10時から午後2時までの4時間
桜ヶ丘駅から1分も掛からない場所です。

三崎から海産物、小田原から蒲鉾
厚木から鮎など県内各地の特産品が揃うほか
地元のブランド野菜である久田野菜も販売されます。
お時間がありましたら、ぜひ足をお運びください。

さて、今回のテーマは
「お花見に商売繁盛のヒントがあった!」です。

もう葉桜になってしまったのに、
なぜ今ごろお花見の話?と疑問に思うかも知れません。

お花見は秋の収穫のためにやっていた

実は、お花見は春の花を愛でるためではなく
秋の収穫のためにお花見をやっていたという説があり、
しかも、ここに商売繁盛のヒントが隠されているというのです。

そんな眉ツバな話は信じないというあなた
決していい加減な話ではないのです。

日本には、農耕儀礼のひとつとして
予祝行事と呼ばれるものがあります。

あらかじめ期待する結果
つまり秋の豊作に感謝してお花見を行うと
その通りの結果が得られるという考え方です。

お花見は本来
桜に宿った穀物の神様に
秋の豊作を先にお祝いし、神様に感謝する予祝だったのです。

駅のトイレにも予祝の貼り紙が!

何年前からでしょうか?
駅のトイレにこんな貼り紙があるのを目にしますね。
「いつもきれいに使っていただいてありがとうございます」

最初の頃は、この貼り紙を見た時には
「まだ、きれいに使ってないのに、なぜ“ありがとう”なんだ?」と不思議に思いました。

実は、これも予祝だそうです。
先にお礼を言うことで
きれいに使っていただくという結果を期待しているのです。

予祝は商売にも必要な考え方だ!

今日一日、商売を始める前に
お客様として想定している人に感謝しよう
今日の商売がうまくいったことを感謝しよう
というのが、商売における予祝の考え方です。

私たちが提供した価値によって、お客様が喜んでいる状態
これをありありとイメージとして思い描くこと、これが重要です。

繁盛している米屋さんから
こんな話を聞いたことがあります。

明日は、どんなことをやってお客様に喜んでもらうか
お客様が喜んでいる様子を思い浮かべるとワクワクする
前の晩は、こんなことを思いながら布団に入るというのです。

稲盛和夫氏は「イメージはカラー映像で
くっきり映し出されるくらい鮮明でなければならない」
と述べています。

自分の商売がうまくいく
そして、大勢のお客様が喜んでいる
このことに対して感謝する

ビジネスを始める前からこれがイメージの中で完了している
それが予祝なのです。

神様へはお願いするのではなく感謝する

神様へのお詣りも予祝が良いと言われています。
「こうなって欲しい」とお願いするのではなく

願った通りになる前に
「こうなりました。ありがとうございました」
と予祝するのです。

でも、何でもかんでも予祝すればいい
という訳ではありません。

私たちのビジネスは、果たして市場性はあるのか?
競合の中で独自性を発揮できているのか?
提供価値をどのようにお客様に伝えていくのか?

このようなことをしっかり検討した上で
お客様が喜んでいる姿と
自分のビジネスが成功しているイメージを具体的に思い描き
そのことに感謝する予祝を行うのです。

やるべきことをやったら
結果を心配するのではなく、結果に感謝しながらパァッとやる
私たちのご先祖が教えているは、このようなことだと思います。

お花見の中に商売繁盛のヒントがある!
今回の話にあなたはどう思いましたか?

先日、大和商工会議所桜ヶ丘支部の
人たちと予祝をやりました。

5月27日の朝市に大勢のお客様が来て喜んでいる
そんな姿をイメージしながら酒を酌み交わしました。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】 経済産業大臣登録中小企業診断士 大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

 

訪問販売なぜ根強い?


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

7月16日、鎌倉の山崎商店会で
「ぼんぼりフェスティバル」を行うことになっており
そのチラシのデザインがあがってきました。

県内各地から20店が出店し、
子供に向けて紙芝居や
エアースライダーもやります。

お母さんたちには
100円で野菜を詰め放題

当日は会場で宴会をやろうというグループもいます。
おおいに夏の夕べを楽しんでいただければと思います。

さて、今回のテーマは「訪問販売なぜ根強い?」

訪問販売、テレビ通販の3倍の売上げ!

「訪問販売なぜ根強い?」という新聞の見出しを見て
「えっ、今どき訪販?」という思いで記事を読んでしまいました。

私自身、今から30数年前
化粧品の訪問販売を1年半経験し
まったく売れないダメなセールスマンでした。

何軒訪問しても「けっこうです!」
「間に合っています!」「来ないでください!」
こんな断り文句が雨あられ、毎日が重い気分でした。

玄関に「セールスお断り」という
貼り紙のお宅も多くありました。

だから、訪問販売自体が時代に合わなく
細々と残っている程度ではないかを思っていました。

ところがどっこい、日本訪問販売協会の推計では
2015年度は1兆7123億円でテレビ通販の3倍、
カタログ通販よりやや大きい規模とされています。
さすがに、20年くらい前のピーク時と
比べると半減しているそうですが、でも
いまだにこんなに大きな売上規模かとビックリでした。

なぜ、訪問販売は根強い人気があるのか
その背景は高齢化だというのです。

販売員と会話しながら買物ができる
ことを楽しみにしているシニア客が多く
便利なネット通販にはない魅力と映っているようです。

B to Bでもフェイス・トゥ・フェイスが威力を発揮!

機械工具商社の熊本市の「マスナガ」
この業界にもネット販売の波が押し寄せてきています。
しかし、社長はこんな信念で事業を行っています。

「ネット販売とまともにやり合っても勝てません。
うちの会社は真逆のフェイス・トゥ・フェイス
に力を入れて、人間関係を強化することにしたんです」

ネット販売は便利で安いが、
現場に足を運び一緒に問題を解決する力はない。
人による接客は、お客様の悩みに寄り添うことができ
問題解決に向けてとことん取り組むことができる。

この会社では「お客様の困りごとに
NOを言わない」が合言葉になっており
従業員はお客様からの難しい問題に
積極的に取組み続けているそうです。

「ネット販売の安売り合戦に
巻き込まれなかったおかげで
私が会社を継いでから利益率は6%に増えました」
3代目の現社長の言葉です。

商店街の店に活かせるヒントは?

ある商店街の店を巡回したところ
ネット通販にお客を取られている
という声を多くの店から聞きました。

自分の話を聞いて欲しい
相談に乗って欲しいというシニア層のニーズ
これが訪問販売の根強い人気につながっています。

フェイス・トゥ・フェイスに力を入れて
お客様の問題解決にとことん取組んで
ネット販売の脅威をはね返している機械工具商社

商店街の店が活かせるヒントは
こんなところにあるのではないでしょうか。

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                       大場 保男
                 E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp Tel.090-5521-7427