商店街だけでなく、個店でもイベントを!


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

昨日(4月14日)
川崎の梨農家の畑で行われた
音楽ライブに行って来ました。

梨の白い花を見ながらという予定でしたが
桜と同じで今年は散ってしまい
すでに梨の小さな実をつけていました。

さて、今日のテーマは
「商店街だけでなく、個店でもイベントを!」です。

五感に訴えることが出来るのがイベント!

小さな実をつけた梨の木の上を見上げれば
やや強い風に乗って、互いに競い合うように流れていく雲の群れ

太陽の光が梨の木の下草を照らしている先より
ビートルズのナンバーやジャズ風の“りんご追分”

その場に居ることによって、色々なことを
目にし、耳にし、皮膚で感じ、匂いを感じることが出来ます。

イベントは私たちの五感に訴えてきます。
このような臨場感こそがネットにはない強みです。

だったら、イベントの持つ強みを
個店でも活用したらどうか
と考えるのは私だけでしょうか?

墓石店でもこんなイベントをやっている

一生のうちに1回買うかどうか分からない墓石
墓石店がこんなイベントをやっている
という話を聞いたことがあります。

熱した石の板の上で焼いた肉は旨い
だったら石板を使ってバーベキューをやろう
といって始まったのが、墓石店のバーベキュー大会

店の顧客、近所や知り合いの人を招いて
実施したところ、その肉の旨さにみんな大絶賛

その後は実費をいただいて
定期的に実施しているというのです。

イベントでの“つながりづくり”が大事!

この墓石店では
イベントを通して何がプラスになったか?

じつは、口コミで新規客が増えたとのことです。

石板で焼いた肉が旨い、
これが話題となってバーベキュー大会に参加する人が増えた

実費を徴収しているので、参加者には心理的な負担感はない
店側にとっても金銭的な負担はほとんどない
何回が実施しているうちに、この店のファンが確実に増えていった。

そうすると、「墓石が必要になったらあの店だよね」
と口コミで、新規の客を獲得できるようになったというのです。

店でイベントをやると
店と来場者の間に“つながり”ができます。

この“つながり”こそが
店の財産になるというのです。

個店でもイベントは十分可能!

これからちゃんこ屋をやるという元力士
彼は、今まで培ってきた人脈を利用して
「相撲部屋見学ツアー」をやりたいと言っていました。

このイベントを定期的に実施していけば、
彼の店のファンは増え、口コミで新規客も増えるでしょう。

でも、彼の場合は元力士だから出来るだろうが
自分たちの店は、イベントをやるネタがないよ
こんな声が聞こえて来そうですね。

本当にそうでしょうか。
次にあげるのは、個店で実施したイベントの事例です。

子供たちに童話の読み聞かせを実施している書店
七輪に野菜の煮物の鍋を掛け、来店者に熱々を振る舞っている八百屋
着物の洗い張り体験を行っている呉服店

そばづくり体験を行っている蕎麦屋
和菓子づくり体験を行っている和菓子店
農家での農業体験ツアーを行っている飲食店

それぞれの業種で色々な
イベントや体験教室、体験ツアーが考えられると思います。

実施することによって
お客様との間に“つながり”作ることができ
これが店の“財産”なります。

何でもネット通販で買ってしまうという今の時代
五感に訴えることこそ、大切なことではないでしょうか。

ちなみに、冒頭でご紹介した梨農家
彼はイベントによって客を増やそうなんて
全く考えていません。

ただ、自分が楽しみたいからやっているのです。
イベントは楽しくやるというのも大切ですね。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】
経済産業大臣登録中小企業診断士
大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

二宮尊徳の風呂の湯の哲学とは?


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

今日、3月30日の小田原城の桜は満開
お城のすぐ近くにあるのが報徳二宮神社
二宮尊徳といえば、地域活性化コンサルタントの大先達です。

そこで、今回のテーマは
「二宮尊徳の風呂の湯の哲学とは?」です。

斎藤一人さんが説く成功するための秘訣

長者番付が発表されていた頃、
ずっと番付上位にランクされていた斎藤一人さん
次のような成功の秘訣を説いています。

「あのな、成功するって簡単なんだよ。
相手の気持ちになって動けばいいんだよ」

永松茂久さんの「感動の条件」という本の中には
人生をV字回復させる心のスイッチとして
「自分の心の中に、大切な人の喜ぶ姿をイメージすること」と書かれています。

事業を成功させるには
自分の中にある力を最大限に発揮させることが必要だと言われています。

では、そのためにはどうしからいいのか?
それが、自分の最も大事にしている人を喜ばせることだと言うのです。

米穀店として非常に繁盛している店主から
こんな話を聞いたことがあります。

毎晩寝る前に、明日はお客様に何をして喜んでもらうか
このことを思いながら寝ると、早く明日にならないかとワクワクする
というのです。

でも、寝る前にワクワクするどころか
客数が減ってしまった、売上げが思うように上がらない

まず頭に浮かぶのは、こんなことばかり
という商業者が多いのではないでしょうか。

まず、人に施すことが大事!

小学校の低学年の頃、
おじいちゃんと一緒によく風呂に入りました。

その時、おじいちゃんは、
風呂の湯を向こうに押してやると
湯がこっちに返ってくるだろう

湯をこっちに寄せようとすると
向こうに行ってしまうだろう

だから、自分から何かを欲しがってはダメだ
相手に何かをしてやれば
結局、それが自分に返ってくるんだよ
という話を何回もしてくれました。

子供ながらに、そんなものかなと思いつつ聞いていましたが、
風呂で色々な話を聞いた中で、この話は妙に記憶に残っていました。

実は、この話は二宮尊徳の風呂の湯の哲学
つまり、まず人に施すことが大切だという話だったのです。

セミナービジネスで凄い成果を上げている今井孝さん
彼は、集客のプロセスとは、情報提供のプロセスだと話しています。

相手に施す、与えることが出発点だという考え方は
二宮尊徳の風呂の湯の哲学と同じですね。

効率化の裏で、決して忘れてはいけないもの

では、相手に心から喜んでもらうには、
どうしたらいいのでしょうか?

そのキーワードが「非効率」です。

効率化を図ることによってコストダウンを行い
それによって価格競争力を高めていく
多くの企業で行われている戦略ですね。

でも、効率化を第一に考える現代社会において
決して忘れてはいけないもの

それは“心と手をかけたもの”
つまり、非効率の追究です。

手間暇かけると、そこまでやってくれるのか
と、そこに感動が生まれるのです。
感動は非効率の中に生まれます。

非効率の世界
それは、アナログの極致とも言えるでしょう。
アナログとは、5感に訴えることです。

2種類の成功とは?

さて、成功には2種類あることをご存じでしょうか?
それは、目標達成型成功と展開型成功の2種類です。

目標達成型成功とは
しっかりと目標を立てて
その達成に向けて計画を作成し、着実に実行していくやり方です。

私たちは、子供の頃から
目標達成型の成功を教育されてきましたね。

これは成功するための王道ですが、
目標と立てなければ、
それに向けての計画を作らなければと
心にプレッシャーがかかるという一面があります。

また、目標を達成できないと
ストレスが溜まっていってしまいます。

一方、展開型成功とは何でしょうか?

目の前の人に喜んでもらうよう全力を尽くすこと
目の前の仕事を全力で行うことで
人に好かれ、頼まれごとが増えていくうちに
どんどん道が開けていくという成功です。

この方法の場合
出会う人を幸せにするチャンスが増えて
自分のステージが上がって行きます。

成功するには、
目標を立て、それに向けての計画を作り
着実に実行していくことは必要なことです。

でも、それにばかり拘泥するのではなく、
目の前に人に喜んでもらうこと
自分の仕事に全力を尽くすこと

このような展開型成功を心掛けることも極めて重要だと
心の中で思いつつ、毎日を送っている今日この頃です。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

スーパーの総選挙の第1位は?


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

今回のテーマは
「スーパーの総選挙の第1位は?」です。

好きなスーパーを投票してもらう「スーパー総選挙」

TBSラジオが好きなスーパーを
リスナーに投票してもらう「スーパー総選挙」を実施しました。

AKBの総選挙の期間を意識し
5月29日から投票を受け付け
6月16日午前11時に締め切りました。

気にかかる結果ですが
オーケーが第2位に倍以上の票差を付けて第1位

第2位はヤオコー、第3位は西友
第4位はサミット、第5位はライフコーポレーション
第6位はベイシア、第7位はイトーヨーカ堂でした。

リスナーから寄せられたコメントは?

第1位となったオーケーには
「とにかく安い」「値上げの理由まで書く正直さ」
「家探しのポイントは近くにオーケーがあるか」
といった声が寄せられたそうです。

第2位のヤオコーには「惣菜が美味しい」
第3位の西友には「西友ほど総合力を持つスーパーはない」
第4位のサミットには「リカーのコーナーがすごーく充実」

第5位のライフコーポレーションには「売場がきれい」
第6位のベイシアには「税込み表示が本当に助かる」
第7位のイトーヨーカ堂には「可もなく不可もなくが最大の長所」

投票したリスナーからは
このようなコメントが寄せられてとのことですが
あなたのご感想はいかがでしょうか?

オーケーのオネストカードが信頼に…

私の家から歩いて10分以内に
オーケーとヤオコーがあり
休みの日には私も両方のスーパーに買物に行きます。

オーケーは確かに安いです。
いつも100均で買っている封筒は
20枚か25枚のセットで100円です。

先日、たまたまオーケーで封筒を見つけて買ったら
何と100枚セットで184円だったのでビックリしました。

オーケーへのコメントでオネスト(正直)カード
について触れられているのが注目されます。

この商品は形や色は良くないけれど
味は変わらないから安いのでお買得とか

この商品は、現在大変品薄なので
やむを得ず値上げさせていただきます

などのように、商品の品質や価格について
正直にお客様に情報を提供しています。
それもPOPだけでなく、店内放送でもアナウンスしています。

このことが、オーケーに対する信頼感に
つながっていると思われます。

商店街の店でも、もっと情報発信を!

ひるがえって商店街の店ではどうでしょうか?
私は、もっともっと情報発信をしていくべきだと思います。

店の前を通るお客様に興味を持ってもらうには
店頭における黒板POP、A字型看板などを
活用して、積極的に情報発信していくことが求められます。

この際に、店主の顔写真を黒板や看板に
貼り出すと注目率が極めて高くなります。

一説によると、顔写真がある場合は
ない場合と比べて注目率が3割アップすると言われています。

さらに、店内でのPOPによって
情報発信をしていくことが大切です。

POPは売込むためのものではありません。
なぜ、その商品をお勧めするのか
その理由を表現したものがPOPです。

さて、スーパー総選挙のように
商店街でもお客様に投票してもらう
お店総選挙をやってみてはいかがでしょうか。

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                       大場 保男
    E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp Tel.090-5521-7427