朝市をやると商店街に何が必要かが分かってくる!


 

こんにちは
中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

この間の日曜日、11月18日に実施した大和・桜ヶ丘の朝市
大勢の来場者で通りは人がまともに歩けないほど。

小田急線の大和駅の隣にある桜ヶ丘
駅前にある銀座通り商店街は、空店舗が目立つ寂しい通り
ここに数千人の来場者が押し寄せました。それはなぜでしょうか?

朝市には交流や触れ合いがある、でもそれだけで人が集まるのか?

クリック一つで買物ができ
しかも家まで商品を届けてくれる
本当に便利な世の中になりましたね。

だから商店街に行くとこんな声が多く聞かれます。
ネットで買物する人が多くなったから商店街に客が来ない。
商店街を歩く人が少ないから、商売のしようがない。

こんな商店街で朝市をやると人が集まって来る。
朝から何でそんなに人が集まって来るのだろうか?
私自身、朝市をやっていて不思議に思うことがしばしばです。

ネット販売にはなくて朝市にあるもの
それは、売っている人とお客様との触れ合いや交流です。
このことについては、何度も言ってきたり書いてきたりしました。

でも、朝市に客が集まる理由はそれだけでしょうか?
触れ合いや交流があっても人が来ない朝市もあるのです。
では、どこが違うのでしょうか?

集客の目玉はやっぱり野菜! それと……。

今回の朝市では、地元の農家が
畑から抜いてきたばかりの大根など
新鮮な野菜を大量に並べて販売しました。

10時から販売開始でしたが
野菜の販売ブースには、その前から大勢に人が並びました。
販売が始まるのを、買物かごを持ってじっと待っているのです。

人が並んでいたのは、野菜ブースだけではありません。
三崎や平塚の魚の干物ブース、小田原の蒲鉾ブース
ここにも大勢の人が販売ブースを取り囲んでいました。

朝市の来場者を多くしようと思ったら野菜の店は必須、
これに魚関連の商品があればなお良いことが分かります。
さらに、こんな店やスペースがあると鬼に金棒です。

その場で食べられる商品と飲食できるスペースを!

今回の朝市では、ナポリピッツァ、ケバブ
鮎の塩焼き、焼き肉、キンパなど
その場で食べられるものを販売する店も何店か出店しました。

これらのブースにも行列ができました。
さらに、買ったものを食べられるように
イスとテーブルを設置した飲食スペースを作りました。

新鮮な野菜を販売する朝市なら、各地の農協でもやっています。
しかし、その場で飲食できるもの、それを食べるスペース
商店街の朝市では、これを取り入れることができます。
そして、そのことが多くの人を呼び寄せるのです。

朝市から見た賑わいのある商店街に必要なものは?

まずは、野菜を買うことができる場所
それから、海産物を買うことができる場所
さらに、飲食できるものを買って食べる場所

そして、触れ合いや交流、コミュニケーション
かつての商店街には、これがありました。
今も賑わっている商店街には、これがあるでしょう。
しかし、多くの商店街にはこれらがなくなってしまいました。

では、今から商店街に八百屋や魚屋を呼ぶか?
それは現実には不可能に近いでしょう。

どうするか?
上記のような要素を全部ではなくても
野菜の販売コーナーだけでも商店街に取入れることです。

具体的には、地域の農家とタイアップして
商店街の空店舗に野菜の直売所を設ける
こんなことが出来ればと考えています。

このことは今までに言ったり
書いたりしてきましたが、ぜひ実現したいと思っています。
どなたか一緒にやりませんか?

来年3月には大きな朝市を企画しています!

今年の12月9日の10時から14時まで
横浜市栄区の新大船商店街で朝市をやります。

“栄”つながりで、長野県栄町の
野沢菜漬、しめじ、まいたけなども販売します。

来年3月には、秦野市と座間市で
出店数100店前後の大規模な朝市を
実施する予定で、年明け早々から準備に掛かります。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】
経済産業大臣登録中小企業診断士           大場保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

なぜ朝市にはあんなに人が集まるのか?


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
25年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでも
お役に立ちたいという想いから記事を配信しています。

さて、久し振りの配信になった今回のテーマは
私の原点に戻り、「なぜ朝市にはあんなに人が集まるのか?」です。

「はだの朝市まつり」に1万5千人の来場者が!

私たち「かながわ朝市ネットワーク」では、神奈川県の朝市が一堂に集まる
「かながわ朝市サミット」を年に1回実施しています。

昨年は秦野で実施、あいにくの雨でしたが
約8千人の来場者で賑わいました。
地元の商業者たちも「雨でもこんなに人が来るのか」とビックリ

そこで出たのが、このようなイベントを毎年やろうという意見
そんな経緯があり、3月4日に「はだの朝市まつり」を実施しました。

市役所の駐車場を会場に、市内外から約80店が出店
昨年とはうってかわって暖かな晴天に恵まれ、
朝9時の開始時には、もう多くの来場者で会場は満杯状態

午後2時までの来場者をカウントしたところ約1万5千人
告知はチラシの折込み30,000部とポスター300部
特別に多額の費用を掛けたわけではありません。

特に凄かったのが、地元の八百屋さんの野菜のブース
お客さんがぐるりとブースを取り囲み、さらに20mほどの行列
朝市では野菜が良く売れることは分かっていましたが、
これほどの人気になったのは、他に例がないほどでした。

横須賀の黒船朝市には千葉県からの出店も!

本日(3月25日)は、横須賀・久里浜で黒船朝市
場所は東京湾フェリー発着場の通称「ペリーふ頭」
昨年12月10日に初めて行われ、今回はその2回目です。

東京湾フェリーを利用して千葉県からも出店
前回は30数店が出店し、来場者は約8,000名
今回は50数店が出店しており、前回同様の賑わいでした。

この朝市では、飲食スペースを広く取っているので、
多くの人が海を眺めながら、千葉の“なめろう”などを楽しんでいました。

主催は黒船朝市実行委員会で、事務局は東京湾フェリー
私たち「かながわ朝市ネットワーク」は出店者募集に協力しています。

ネットでの買物全盛の時代に、なぜ朝市に人が集まるのか?

商店街に行って店主の話を聞くと
以前は、大型店やディスカウンターに客を取られたという話
今は、ネットで買物する客が多くなったので、
街を人が歩かなくなったという話が多くなりました。

家に居ながらにして、欲しい商品がいくらなのかが分かり
クリック一つで自宅まで商品を届けてくれるわけですから
利用者が多くなるのは当然かも知れません。

ところが、そんな便利さがあるネットとは対極にある朝市に
多くの人が詰めかけているのはなぜでしょうか?
あちこちの朝市のサポートをしている私も不思議に思うことがあります。

その要因として、私は次の3つがあげられると思っています。

一つ目、それは朝市には交流とコミュニケーションがあること
ネットの買物だけでなく、スーパーやコンビニでの買物でも
買いたい商品を示せば、一言も会話をしなくても買物することができます。

朝市では、「見てらっしゃい、買ってらっしゃい」という売り声ともに
販売員が口角に泡を飛ばしながら「こうやって食うと旨いんだよ!」と
一生懸命に食べ方や調理の仕方を説明している光景が見られます。

やっぱりお客様は、便利さだけでなく
会話やコミュニケーションを求めているのです。

二つ目は、「掘り出しもの探し」的な楽しさがあること
スーパーで買物する場合は、7割以上があらかじめ
何を買うかを決めて買物に行くそうです。

朝市の場合の、安くて新鮮な野菜を買おうと決めていても
行ってみなければ、どんな野菜がいくらで売っているのか分かりません。
そこに「掘り出しもの」を探すような楽しみがあると思います。

また、「へぇー、インド料理があった、韓国料理もあるぞ」と
行ってみなければ分からない楽しみがあります。
このようなことも朝市が人を惹きつける要因だと思います。

三つ目は、毎日の生活とは違った非日常的な空間であること

先日、有楽町の駅前にテントが並んでいました。
何だろうと覗いてみると、東日本大震災の被災地の商品を販売するテントでした。

毎日の生活では、商品は建物の中で販売されています。
ところが、テントでの販売という非日常的な空間が目の前にあると
つい覗き込んでしまうのは、私だけでしょうか?

朝市では、いつもとは違う店が出店していたり
いつもはあまり目にしない商品が売られたりしています。

会場に設置された飲食コーナーで、
青空の下で飲食を楽しむことができます。

朝市会場では、バンド演奏や踊りがあったりします。
普段会うことがない人と会ったりします。

朝市では、毎日の生活とは違うことに出会うことができます。
朝市の非日常的な空間が、人を惹きつけているのだと思います。

すべての朝市が賑わっているわけではありません。
来場者が少なくて寂しい朝市もあります。

私自身、この10年間、様々な朝市を見てきて
来場者が少ない朝市は、上にあげた3つの要因が不十分だと感じています。

5月から新しい朝市がスタートします!

場所は、小田急江ノ島線の
桜ヶ丘駅東口を出て1分の場所にある桜ヶ丘銀座通り

銀座通りという名前ですから
以前は大変に賑わっていた商店街です。
ところが今は、残念ながら空店舗が目立つ通りになっています。

ここを会場に、5月27日(日)の
午前10時から午後2時まで実施します。

ウリは、地元の農家の「久田の野菜」
東は三崎から西は小田原まで県内各地からも応援出店します。

先ほどあげた人を惹きつける3つの要因を満たすよう
いま、地域の人たちと企画を練っているところです。
お時間がありましたら、ぜひ見に来てください。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp  Tel.090-5521-7427

 

 

愛川朝市の新たな試みとは?


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

今回のテーマは
「愛川朝市の新たな試みとは?」

神奈川県愛川町の朝市
正式名は朝市ではなく「にぎわいマルシェ」
毎月第一日曜日に約30店が出店して行われています。

6時半から8時半までと、とても早いので
昨日の日曜日に私も早起きして行って来ました。

愛川町の役場の裏の広場でやっていますが
会場に到着すると、朝市で買った惣菜などを
座って食べている方が大勢いました。

ここの朝市、いくつか特徴がありますが
その第一は、畳屋さんが出店するなど
他の朝市ではあまり見掛けないような業種が出店していることです。

畳屋さんは、畳表を使ったインテリア
畳の縁を使った小物などを販売しています。

この他、印鑑の店、文房具店、石材店、パチンコ店
カイロプラクティックサロンなどが出店しています。

第二の特徴は、町内の店だけでなく
いつも、三崎や川崎、相模原など
町外から4~5店が出店していることです。

町内にはない業種が出店するので
お客様にとっては魅力的であり
朝市全体の集客力が高くなっています。

海のない愛川では、三崎の海産物の店などの人気が高く
朝市に大勢の来場者が集まる大きな要因となっています。

第三の特徴は、出店者毎の客数や売上げなどの
データをしっかり把握していることです。

私もあちこちの朝市に行っていますが
このようなデータをきちんととっている
朝市は、ほん一握りしかありません。

町外からの出店者も例外ではありません。
三崎からの出店者も海産物がどの程度売れたのか
しっかりデータがとられています。

第四の特徴は、告知をしっかりやっている点です。
出店している店にポスターが貼られているのではなく
店の前に、朝市を告知した大きな看板が設置されているのです。

同じ看板が町内の公共施設の前とか
目に付きやすい場所に設置されているので、
次の朝市はいつやるのか、自然に目に入ってきます。
これだけでなく、チラシの折込みもやっています。

そして、これから取組もうとしている新たな試みがあります。

それは、朝市に来たお客様を
積極的に自店に来店してもらうための取組みです。

地域の店が集まって実施している朝市
朝市自体での売上を上げることも必要ですが

朝市で自分の店や商品を知ってもらい
自店にも足を運んでもらうことが
朝市実施の大きな目的の一つです。

そのために、朝市では各出店者が
店主や店のこと、商品やサービスを紹介した
ニュースレターをお客様に配布します。

このニュースレターにはクーポン券が付いており
これを持って店に行くと、商品やサービスが割引になります。

ニュースレターは朝市でしか配布しないので
お客様が持ってきたクーポン券の数えると
朝市に来たお客様の何人が店に来たかが分かります。

この新たな試み、これから本格的にスタートするので
どんな成果が出るのか楽しみにしています。

今回は以上です。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                       大場 保男
             E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp       Tel.090-5521-7427

朝市にはこんな効果が!(その1)


中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

年に1回、神奈川県内各地の朝市が
一堂に集まって実施する「かながわ朝市サミット」
8回目の今回は、3月26日に秦野の駅前商店街で行います。

同時に「かながわ朝市グルメコンテスト」や
地域活性化のためのシンポジウムも併催します。

さて、今回と次回のテーマは
「朝市にはこんな効果が!」について
2回に分けてご紹介していきます。

アメリカではファーマーズ・マーケットが人気!

アメリカにおける
朝市とも言えるのがファーマーズ・マーケットです。

アメリカ農務省によると
定期的に実施されているファーマーズ・マーケットは
2010年の時点で全米に6,131ヶ所あり、10年間で2倍に増えているそうです。

効率や便利さだけが追求されるのがアメリカだと思っていましたが
やっぱり地元で採れた野菜などを買うことができ
会話や交流があるファーマーズ・マーケットが人気なのですね。

アメリカでは近年
ファーマーズ・マーケットが中心市街地再生の
重要な役割を果たすという認識が深まっていると言われています。

朝市に期待される9つの効果

今まで10年以上、朝市にかかわって来て
朝市には、次の9つの効果が期待できると感じています。

1 小売りの原点の見直し
2 地域の事業者の連携(農商連携)
3 出店者同士の連携
4 地域住民の交流

5 地産地消の推進
6 ワンストップショッピング
7 新製品のテストマーケティング
8 新規創業者のテスト出店
9 商店街・個店への来店促進

1つ目は、小売の原点の見直し

小売りの原点は対面販売です。
「これは、こうして食べるとおいしいよ」
「買って帰ったらこうして保存しておきなよ」

など、昔の商店街ではこんな会話が
お客様との間で交わされていました。

朝市は、このような会話や交流を楽しむことができ、
小売りの原点を見直す場でもあります。

2つ目は、地域の事業者の連携(農商連携)

朝市をきっかけとして
地域の農家の野菜を並べる青果店
地域で採れた野菜を使ったメニューづくりを行う
飲食店などが出てきました。

朝市に地域の農業者に出店してもらうことによって
商業者との交流が始まり、それが新しい
農商連携につながっていくことが期待できます。

3つ目は、出店者同士の連携

朝市に出店しているパン屋と肉屋が
手を組んで新たなハンバーガーを作ったという事例がありました。
同じ商店街の店同士でも、普段はなかなか交流ができません。

ところが、朝市に出店すると
それぞれの店の商品を互いに見ることができ
説明を聞くことができます。そこから出店者同士の連携が始まります。

4つ目は、地域住民の交流

「月に一度の朝市に行って友達と会い
おしゃべりをするのが楽しみだ」という高齢者がいました。

朝市に行って地域住民同士でラジオ体操や
ダンベル体操をやるのを楽しみにしている人もいます。

かつて、商店街は地域住民の交流の場と言われていました。
朝市にはこのような商店街が
果たしてきた役割を期待することができます。

今回は以上です。
次回は、朝市にはこんな効果が!
その2をご紹介します。

最後までお読みいただきましてありがとうございました。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
大場 保男
E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp Tel.090-5521-7427

“ヒト”が主役の朝市は小売りの原点!


 

中小企業診断士の大場保男です。

私は平成4年から今に至るまで
24年間にわたって、商店街や地域の活性化に取組んできました。

その間に、私が経験したこと、見たり聞いたりしたこと、
教えてもらったり、学んだことを

商店街や地域の活性化に少しでもお役に立ちたいという想いから
このブログを配信しています。

今年度の「かながわ朝市サミット」は秦野に決定!

毎年、神奈川県内の朝市が一堂に会して行われる
「かながわ朝市サミット」、8回目の今回は
3月26日(日)小田急線秦野駅前商店街に決定しました。

写真は前回の寒川での朝市サミット
金太郎ふるさと会のブースです。

 

神奈川県内では50か所以上で朝市が行われています。
この朝市の横の交流を図ることを目的に、平成21年に
「かながわ朝市ネットワーク」を立ち上げました。

その活動の一環として行われるのか「かながわ朝市サミット」
今まで、横浜、平塚、小田原、相模原、座間、茅ヶ崎、寒川で
実施してきました。

毎回、東は三崎から西は湯河原まで
神奈川県内各地より約100店が出店し、
2~3万人の来場者で賑わいます。

そこで今回のテーマは
「“ヒト”が主役の朝市は小売りの原点!」です。

寒い日のある朝市での会話

次のお話しは、
朝市でパンを販売している髙山さんと
ある女性との会話です。

現在はお店を辞めて、
お一人で暮らしているそうですが、
とてもお元気なある年配の女性

あんた達、このところ朝から寒いのにご苦労さんだね~
若いのにね~頑張っている姿を見てたら、買わずにいれらないよ!

いゃ~買っていただかなくても
朝市に来ていただいて、お話しするだけでも私たちは嬉しいですよ!

何言ってんだよ!そんなことできないよ
わたしゃ、パンは嫌いだけど、人にあげるから…

来ていただいただけでも嬉しいのに
とてもかっこいい女性でした。
嬉しさのあまり、黒糖のパンをお家に届けたら

これサービス?

サービスと言うか、とにかく食べてもらいたくて…

そうけ、ありがとよ!寒いけど、頑張りなよ

だから朝市は楽しい、嬉しい!
クセになる!

朝市は小売りの原点!

ある商店街の会長が朝市が終わったあと
紺がことを言っていました。

「朝市をやると大勢のお客様が来てくれます。
安さや新鮮さに惹かれてという面もありますが
朝市では売る方も買う方も笑顔です。

お客様と商人の間に会話や交流があります。
昔の活気ある商店街の雰囲気が朝市にはあります。

笑顔や会話がなくなってから
商店街の衰退化が始まったのかも知れません」と。

“モノからコトへ”という言葉があります。
良いモノを販売して、それにより顧客を満足させていた時代は終わり

近年の考え方は、そのモノを使ってどのようなコトができるのかを
重要視するようになってきています。

人を介さずに居ながらにして
便利に買物できるネット通販を利用している人が
増えてきている現代、小売業が生き残っていくには

ネット通販ができないことを
前面に打ち出していくことが必要だと思います。

それは何か、「ヒト」だと思います。
“モノからコトへ”をさらに一歩進めた
“コトからヒトへ”が時代の求めているキーワードの一つであり

朝市を通して小売りの原点である
“対面販売”の良さを見直すことが必要だと思います。

今回は以上です。
最後までお読みいただきましてありがとうございました。

今回に引き続き、
今後、数回にわたって朝市の
話をしていきたいと思います。
【発行者】        経済産業大臣登録中小企業診断士
                      大場 保男
                                              E-mail:yasu-obs@gc4.so-net.ne.jp
                                                                           Tel.090-5521-7427